皆さん、こんにちは。 宮川です。

 

ヘッドドレスを知る 第3回のテーマは、 「ワイヤー組み上げ」 です。

 

パーツと同じ様に、1つ1つワイヤーを掛け、テープを巻いたものを 組み上げていきます。

 

①生花のヘッドドレス

 

生花の場合は、殆どが 「ワイヤーでの組み上げ」になります。

「パーツ」か、 「パーツを組んでいくか」 、どちらかですね。

写真の様なデザインの場合は、パーツだと難しくなります。

「お花の間から小花を覗かせたり」するのは、ピンでは留めにくいですからね。。。

なので、最初から組んでおいたほうが、お花を傷めたりせずいい訳です。

 

 

②シルクフラワー(造花)のヘッドドレス

 

こちらは、造花バージョンです。

生花にしろ、造花にしろ、「ボンネと何が違うの?」  と言われれば

「透け感」 と答えます。。。

 

サイドからのお写真が分かりやすいと思いますが、

花と花の間の隙間から 「髪」が見えているのが分かるでしょうか?

ボンネの場合は、土台があるので、そこに貼る事になります。

すると、ワイヤーの様な透け感は生まれない訳です。

 

 

③桜のヘッドドレス

 

更に違いを上げれば、

「流れを作れる」 事。

 

この側面からのお写真だと分かりやすいですね。。。

ヘッドに着けると、茶色の茎部分は見えなくなって お花が浮いて見えて来ます。

又、茎部は 「ワイヤー」なので、ご覧の様に 「うねらせる事が可能」

髪をアップにしたら、フェイスラインに茶色のうねったラインが浮かび、とても素敵です^^

 

 

ワイヤーワークの特徴は、 「透け感」 & 「流れ」 。

 

透け感は、

「お花をたおって、髪に飾った」、 そんな 「ナチュラル感」が生まれます。

 

流れは、「女性的な柔らかさ」 や、 「繊細なおしゃれ感」を 与えてくれます。

 

それが、ワイヤーでの組み上げの魅力 です(*^_^*)  by宮川

 

 

ウエディングブーケ専門ショップ・アフロディーテ http://www.wedding-f.com/

和風ブーケ専門店<えにし屋> http://www.wafubouquet.com/

フラワースクール・花クラブ遊華 http://www.87-club.com