皆さん、こんにちは。 宮川です。

いつもご訪問、有難うございます^^

 

 

前回の記事は読んで頂けました?

 

今日は、 「花冠の繋ぎ」 についてご紹介させて頂きます。

 

 

 

TYPEⅠ リボンで結ぶ 「ループタイプ」

両サイドに 「ループ(輪)」 があるタイプ

ここにリボンを通して結びます。

 

こんな感じ ↓ ↓ ↓

 

 

 

TYPEⅡ 繋ぎ無し 「リングタイプ」

土台となるベースを 「輪」 にして繋ぎ、そこに花材を配置するタイプ。

どこが繋いだ部分かも、全く分からなくなります。

 

 

上の様な大き目花材から、下の様な細身まで制作出来ます。

 

 

 

 

TYPEⅢ 調節が出来る 「フックタイプ」

片方は「ループ(輪)」、もう片方は 「スティック(棒状)」 。

 

 

スティックをループに入れて折り曲げます。

折り曲げる位置で 「長さを調節」 出来ます。

リボンで結ぶタイプにも、リボン無しでも使えます。

 

 

裏面はこうなってます。

先端の花材がループの端と同じ位出ていますので、紫の線から上が 「可動域」 です。

 

 

青線の部分まで、お花が重なり 「花冠が短く」 なります。

赤線部分が左右のお花の 「端と端」 がくっつく部分。

緑線が、1~2㎝程空間を開けた場合(リボンで結ぶ場合)になります。

リボンを長く見せていい場合は、「空間を大きく開け」 花冠を更に長くする事が可能です。

 

 

 

TYPEⅣ 調節が出来る 「蔓タイプ」

こちらは、タイプⅠとⅢを合わせて蔓を付けた変則タイプです。

めったにやりませんが、蔓の方が花冠のイメージと合う場合に使っています。

 

両サイドのループ部分から蔓状のワイヤーをセットしたタイプ。

蔓の引っかける位置でサイズの調節が可能です。

 

 

 

 

最近は、 タイプⅢのフックタイプを良くお勧めしています。

[フックタイプの利点]

●サイズの調整が可能

●リボンで結ぶこともリボン無しにも対応

上の2点が大きな利点です。サイズ調整が可能な為、「ヘアスタイルの変更」 や 「かぶり方の変更」が可能で

「前撮り」「本番」「2次会」 と変えてご使用頂けます。

 

 

 

是非、参考にして下さいマセマセ(*^_^*)  by宮川

 

 

ウエディングブーケ専門ショップ・アフロディーテ http://www.wedding-f.com/

和風ブーケ専門店<えにし屋> http://www.wafubouquet.com/

フラワースクール・花クラブ遊華 http://www.87-club.com/