皆さん、こんにちは。 宮川です。

 

「ヘッドドレスを知る」 第2回のテーマは、 「ボンネ」です。

先に御断りしておきたいのですが、 ご紹介するのは

アフロディーテでお作りしている 「ボンネ」です。

 

宮川は、「こんな風に考えて ボンネを作っている」 って、ところがご理解して頂けると幸いです。

 

 

では、早速。

 

①紫あじさいのボンネ

 

②さくらのボンネ

 

「お花」 「サイズ」 「着け位置」 などを考慮して

ボンネの土台から作っていきます。

 

①②の様に、花びらが薄い花材の場合で、「こんもり」したデザインにしたい時」は、

ボンネの土台を厚めに作っておきます。

全面にお花をつける場合、気を付けないといけないのが

「土台を見せない」 と言う事です。

 

③ドロップ型ボンネ

こちらは、「涙型」ホワイトあじさいのボンネです。

 

 

④パンジーのボンネ

大き目のボンネです。

下に紫あじさいを敷き詰め、その上にパンジーが軽やかに 「飛び出ているかの様なデザイン」。

シンプルな紫のドレスにお使い頂きました。

 

 

⑤お花モチーフのレースボンネ

こちらは、ちょっと変わり種です。

シルクフラワーは使わず、ボンネ土台にレース&チュールを取り付けました。

ブーケにもブートニアにも同じレースを使い、大好評だったものです。

 

ボンネのアウトラインがレース模様そのままで、とっても素敵でしょ(*^^)v

 

 

こちらは、サイズ確認の為 花嫁様にお送りした画像です。

2つの土台、「サイズ」も 「厚み」 も違うのが分かるでしょうか?

 

 

⑥バラたっぷりのボンネ

こちらの土台は、上のボンネ土台より もっともっと薄く作ってあります。

その為、ベースは 全く見えません。

 

 

⑥のみが、つけ方が決まっていました。

それ以外は、まだヘアスタイルが決まる前の制作でした。

 

どのボンネも、「中にワイヤーが仕込んで有りますので」、頭に添わせてカーブさせる事が出来ます。

 

昨日、ご紹介した 「パーツ」と 違う点は、

ボンネの場合は、 「デザインが完成している」 と言う点ですね。

 

あとは、それをどの位置に、どんな角度でつけるのかで、見え方が変わります。

 

「絵は出来上がっていて、それを 家のどの場所に どう飾るかを考える」 みたいな事でしょうか。。。

 

固まりで仕上がっているので、パーツと比べて 「自由度」は減りますが

好きなイメージで仕上がったボンネは、イメージを壊す事無く

ヘッドアクセとして使う事が出来るのです。

 

 

今、「作ってみたいな~」 って、思っているボンネがあります。

それは、 「リボンとお花のボンネ」。

来月くらいには、「新作」として、 お披露目したいなぁ~ と思っております。

 

楽しみに、お待ち下さいマセマセ(*^_^*)  by宮川

 

 

ウエディングブーケ専門ショップ・アフロディーテ http://www.wedding-f.com/

和風ブーケ専門店<えにし屋> http://www.wafubouquet.com/

フラワースクール・花クラブ遊華 http://www.87-club.com