皆さん、こんにちは。 宮川です。

今日は、久しぶりの 「フォトレッスン」。

 

女性編に続き、「子供編」 をお届け致します。

子供さんがいらっしゃるご家庭は、「カメラ」は必需品ですよね。。。

「子供の成長」は、 やっぱり 「写真として残したい」 もの。。。

それは、 「イベントごと」 でも、 「なにげない日常」 でも。。。

そんな 「子供さんを撮る方におくる 第4弾」 です。

 

 

 

【 ピントは目 】

これは、Vol.1でも書きましたが、人や動物は 「ピントは目」 は鉄則!!

子供さんの撮影でも言える事です。

 

 

【 子供の目線の高さで撮ろう 】

子供は背が低いので、高い位置から撮ると 威圧感のある写真になる事が。

子供の目の高さで 撮影しましょう★

 

 

 

【 主役と脇役を区別しよう 】

子供より、「花やおもちゃ」が目立つなど、 「主題」が分からないものは、いい写真とはいえません。
 

「何を見せたいのか」 を考えて撮りましょう。

 

 

 

【 興味を引く事で視線をもらおう!! 】

★子供は カメラが大好き!!

「おもちゃ」や「お菓子」 などを見せて、カメラに目線を貰うのもいいですね。。。

又、最近出来る様になった事を 投げかけてもOK★

写真は、おばあちゃんが 「ウインクして」 って、言葉を掛けたら

「可愛いウインク」をしてくれました。^^

 

 

【 一瞬のチャンスを逃さない!! 】

子供は じっとしていてはくれません。

又、なかなか 「ポーズ」もとってくれません。

なので、 「一瞬のチャンスを逃さない」 事が大切。。。

 

遊んでいることろを中断させずに 撮影すると自然な写真が撮れますね。

★子供は遊んでいる時が、一番「イキイキ」しているので、シャッターチャンスを気長に待ちましょう。

逆に、 「チャンスを作る」 事も大切ですね。。。

★誰かに、「呼びかけて貰う」 (自分が呼びかけてもOK)

★「好きな食べ物は?」 など、 問いかけながら撮影する。

★好きなものを見せてもいいですね。

 

 

 

【 アルバム作りのアクセント 】

子供の表情だけでなく、 「おもちゃ」や、 「小さな手足や靴」 などを撮りましょう。。。

それが、アルバムを作る時の 「アクセント」 になってくれます^^

 

 

 

【 背景も写真の一部 】

★背景も写真の一部です。背景処理にも気を使いましょう。

 

★ズーム&望遠

子供は好奇心旺盛なので、カメラを向けるとカメラに近づいてくることも。そんな時はズーム。

あるいは、撮影者の姿を意識させない 望遠で撮るのもいいですね。

★子供らしいシーン作り

上の写真は、結婚式の1シーン。

キチンと座らずに、横から覗いている兄弟。 子供らしくって可愛い。

 ストーリーのあるシーンですね。

 

 

 

 

[ 今日のまとめ ] 

①ピントは目

②子供の目線で撮影しよう

③主役と脇役を区別しよう

④興味のあるもので視線をもらおう

⑤一瞬のチャンスを逃さない

⑥アルバムのアクセント となるものも撮影しよう

⑦背景も写真の一部

以上、7項目。

 

 

誰でも出来る 「簡単な事」 ですよね。。。

ちょっとの 気遣いで 写真は グンと良くなります!!

写真は一生残ります。

素敵な子供さんの アルバムを作ってあげて下さいねっ(*^_^*)  by宮川

 

ウエディングブーケ専門ショップ・アフロディーテ http://www.wedding-f.com/

和風ブーケ専門店<えにし屋> http://www.wafubouquet.com/

フラワースクール・花クラブ遊華 http://www.87-club.com/